Blog
保育園からのお知らせ、日々のこと

2021.03.31

流しそうめんを、したい!

そう、「流しそうめんを、したい!」んです。

 

始まりは散歩中に見つけた1本の竹でした。

 

 

ちょうど縦に半分割れていたので、「これで流しそうめんができるんじゃない?」と、

 

節をとって、削って、磨いてみることに。

 

 

しかし「できたー!」と喜んでいたのも束の間、古い竹だったようで中から虫が…

 

さすがに食べ物はながせないねぇと、流し葉っぱ、流し人形、など色々流して遊びました。

 

 

さて、次の日散歩に出掛けると、何やら竹林の中で竹を切っている方(用務員さん)を発見。

 

「竹を…切っている!?」「なんだかたくさん積んである…」「あれで流しそうめんができるんじゃない…?」

 

と、みんなで「竹をください」のお願いをしてみることに。

 

みんなの熱意もあってか、なんと用務員さんは立派な竹を1本分けてくれたのです!

 

 

約3メートルもある大きな竹を、えっさほいさと担いで園へ。

 

偶然近くにいためーぷるキッズのくじら組さん(5歳児)にも手伝ってもらい、パワー倍増です。

 

 

 

さぁ、竹を切ろう!

 

話し合いの結果、

 

「ギコギコ切って(ノコギリ?)→トントンして(トンカチ?)→ジャー(流す?)だね!」

 

となり。

 

晴れの日は軒先で、雨の日は室内で、少しづつノコギリで切りすすめることに。

 

 

ノコギリを上手に使って、順番も自分たちで決めながら。

 

大人が誘わなくても「今日も竹を切りたい!」と張り切っていました。

 

本当にやりたいことだからこそ、飽きないんですねぇ。

 

 

ある日には、竹の本を読んでみました。

 

 

特徴や成長過程を知った子どもたちは、「探しにいこう!」と張り切って近所の竹林へ。

 

 

竹の切り株でおままごとをしたり、

 

 

竹林をステージにしてダンスショーが始まったり。

 

子どもたちの手にかかれば遊び方は無限大!

 

 

そんなこんなで、

 

 

最後は鉈と枝を使って、一気に仕上げ、

 

無事に真っ二つに割れました!

 

 

節を取って、紙やすりでなめらかにして、流しそうめん台の完成!

 

遂に流しそうめんを…!?

 

いえいえその前に、流しそうめんには欠かせないつゆ作りもやりますよ!

 

 

散歩前に、お鍋ににぼしと昆布を入れて、

 

 

散歩後に調理開始です。

 

つゆのつくりかたを見て、みんなで確認。

 

 

「グツグツしてきたよ!」「泡がでてきた!」

 

沸騰したら、しょうゆとみりんを入れます。

 

 

にぼしと昆布を取り出して、

 

 

ひと煮たちさせたら、完成!

 

「いいにおい〜」「あったかいね〜」と、鍋を囲みながら味わう子どもたち。

 

なんて最高な、このひととき。たまりません!

 

 

にぼしと昆布の出がらしも、余すことなくいただきます。

 

おいしいおいしいと、あっと言う間になくなりました!

 

こういう素朴な味がおいしいと思える子どもたちの感性、素敵です。

 

 

そしてそして、念願の流しそうめんの日。

 

もり組最後の思い出として、3月31日に行うことにしました。

 

 

竹を綺麗に洗って、

 

 

無事に設置も完了。

 

いざ、そうめんを流します!

 

 

本当においしくて、楽しくて、胸もお腹も、いっぱいになりました。

 

 

ひとつのひらめきから始まって、まさか本当にやりきるとは。

 

ワクワク、ドキドキ、そんなシンプルな気持ちが持つ力ってすごいですね。

 

子どもたちにそんな心が育っていること、本当にうれしく思います。

 

 

そして、この社会禍でもこうやって子どもたちの「やりたい」を叶えられる環境のありがたさを実感しました。

 

「やろう!」って言ってくれるスタッフ、

 

「楽しんでおいで!」って送り出してくれる保護者の方々、

 

こうやって一緒にやってこられた1年間。

 

 

これからも、めーぷる保育園に集う人みんなで成長していければいいなぁ、と願っています。

 

 

もり組
2021.03.08

初めてのしゃぼんだま

 

北風がぴゅーぴゅーと吹くある日のこと。

 

「普段と違ったことがしたいね。」というスタッフの提案から、しゃぼんだまをすることに。

 

 

急に虹色の玉がふわふわと現れました。

 

それまでとことこ散策していた子どもたちが、一斉に手をあげて掴もうとする姿が面白いです。

 

 

手に触れた途端にぱちんと割れます。それもまた、不思議でわくわくするのかな。

 

ストローに顔を近づけて、しゃぼんだまが出てくる様子を観察している子どももいます。

 

 

まてまてー!とどこまでも追いかけます。

 

 

しゃぼんだま攻撃!(かな?)

 

 

Rくんは指でつまもうとしています。高度な技!

 

 

大きな口を開けて「きゃーー!!」と叫びながら走りまわる子どもたち。

 

風に乗って流れていくしゃぼんだまを見ていると、スタッフもあの頃を思い出し、夢中になって飛ばします。

最後には、しゃぼんだまのプロになりました!(長く細い息で吹くのがおススメです。)

 

 

興奮して走り回ったから疲れちゃった、、、。

砂の上でひとやすみ。

 

保育園に帰って、みんなでご飯をモリモリ食べました!

 

また遊ぼうね!

 

 

ひだまり組
2021.02.28

第4回☆ぷるぷるめーぷる

今日は、ぷるぷるめーぷるの日!

 

早いもので今年度最終回となり、各クラスに分かれての開催でした。

 

 

 

にじ・ひだまり組は、「写真スクラップを作って、思い出を振り返ろう!」

 

 

 

 

園生活の思い出の写真、葉っぱ、シール、いろいろな素材を使って。

 

個性が光ります!

 

 

子ども達も「やりたい!やりたい!」と、お家の方と一緒にトライ!

 

真剣なまなざし…!はさみやペン、テープも上手に使っていました。

 

お家の方と一緒に作業する時間は特別ですね〜。

 

 

 

そら組は「新聞紙で遊ぼう!」

 

まずはおばけのばけちゃまの歌に合わせてみんなでダンス!

 

 

そして、新聞紙が出てきました!

 

遊び方は無限大、どうやって遊ぼう!?と子どもも大人も目が光ります。

 

 

 

 

 

ちぎって、丸めて、形にして、投げて…

 

遊び方は無限大!みんながいるとアイデアや遊びも広がって、大人も子供も大盛り上がりです!

 

 

 

遊んでいると、何やらおばけのばけちゃま袋が出現!

 

ばけちゃまを膨らませよう〜!と、みんなで新聞紙をどんどん入れていきます。

 

みんなの勢いそのままに、あっという間に膨らんだばけちゃまの完成です。

 

 

完成したばけちゃまと一緒に集合写真を撮りました。

 

子ども達も気に入った様子。また遊ぼうね!

 

 

 

もり組は「自分だけのお箸を作ろう!」

 

 

 

鉈で竹を割って…

 

 

 

カッターとやすりで削って削って…

 

 

バーニングペンで名前やマークを掘って、ミツロウで磨いたら完成!

 

子どもたちはもちろん、大人も夢中になっていました。

 

自分だけの、手作りの箸って特別ですよね。愛着たっぷりに、末永く大切にできますように。

 

 

 

作業しながら、遊びながら、今年の振り返りや最近の様子も話すことができて、和やかないい時間になりました。

 

こうやって、めーぷる保育園に集う大人、子ども、みんなでいい雰囲気が築けたこと、本当に嬉しく思います。

 

今のクラスでの残りの1か月も大切に、楽しんで過ごしていこうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント
2021.02.16

そうだ、海に行こう!

昨日は大雨だったけど、今日はピッカリーン快晴です!

 

さっ♪今日は、どこにお散歩行こっかなぁ〜♪と話していると・・・

 

「いつもの公園が海になってるよ〜!」と、

 

系列園のスタッフから連絡があり、そら組たんけん隊も行ってみることに。

 

 

なんだこりゃ〜!!

 

思わず、スタッフが真っ先に叫んでしまいました。

 

 

いつもの公園が、本当に、海になってる〜!!!

 

 

あまりの大きさにちょっとドキドキしながら

 

ズボンをギュギュっと上げて、海に入っていきます。

 

 

「冷た〜いっ!」と叫んでいると

 

系列園のお兄さんお姉さんが

 

「こっちはあったかいよ〜!」と教えてくれました。

 

 

水温や深さに慣れてきたら、とびきりの笑顔で走りまわるみんな。

 

 

 

 

お風呂みたいだね〜♪と、おしゃべりをしたり。

 

 

 

少し寒くなって、水たまりの外で遊んだり。

 

 

 

それぞれが好きなところで、好きな遊びを満喫していました!

 

 

明日は、どこに行こっかなぁ〜♪

そら組
2021.02.09

もう歩けないよぉ・・・

いつもより遠い場所まで散歩に行った日。

 

霜柱

凍ったせせらぎ

かわいいカモさん

いつもより険しい斜面

ドキドキしながら挑戦した木登り

 

それはもう、楽しくて。楽しくて。楽しくて。

 

 

 

「そろそろ帰るよ〜」と言われても、遊びつくした僕の身体は、もう動かない。

 

このまま、ここで寝ちゃおうかなぁ・・・

 

 

あ、誰か来た。

 

 

「だいじょうぶ〜?」

 

「あるける〜?」

 

 

「もう歩けないよぉ・・・」

 

 

大好きなスタッフが声を掛けても・・・もう歩けない。

 

 

周りを見渡すと、疲れているのは、どうやら僕だけじゃないみたいだ。

 

 

 

いつもなら、すでに保育園で給食を食べている時間。

 

今日は、少し遊びすぎたみたい。

 

僕たちの給食、もう、誰か食べちゃってるかなぁ・・・

 

お腹空いたなぁ・・・

 

 

 

そう、諦めかけたとき!!

 

 

 

「そら組さ〜ん!めーぷる保育園行き、急行電車で〜す!」

 

なんと、保育園にいたスタッフが、カートを押して来てくれたのだ。

 

 

 

「ご乗車の方は、こちらへどうぞ〜」

 

僕は、最後のちからを振り絞って手を挙げた。

 

 

あぁ、なんて素敵な乗り心地。

 

さっきまでの疲れがスーッと消えていく。

 

ガタガタガタガタ・・・

 

久しぶりの乗り心地。

 

この揺れが最高に気持ちいい。

 

 

 

みんなで乗ったから、ちょっと狭い。

 

みんなで乗ったから、ちょっと暖かい。

 

みんなで乗ったから、すっごく楽しい。

 

 

 

「ただいまー!」

 

「おかえりー!」

 

 

 

たくさん遊んだ後の ごはんって最高!!

 

みんなで食べる ごはんって最高!!

 

 

 

明日もたくさん遊べますように・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そら組
2021.02.06

オニは〜そとぉ!ちくわ〜うちぃ!

やってきました、節分の日!!

 

「オニさん来るかなぁ〜♪」と、なんだか楽しそうなみんな。

 

節分の絵本を読んでいると

「めーぷるでも、豆まきしたいね!」という声があがり、新聞紙で豆まきをしました。

 

 

「オニは〜そとぉ!」

「ちくわ〜うちぃ!」

 

「福は」を「ちくわ」と言っている子がいました!

美味しそうで楽しくなったので、みんなで真似っこして「ちくわ〜うちぃ!」と叫びました。

「ちくわ食べたくなっちゃったね〜」と、今日も食いしん坊のそら組。

 

すると、廊下から楽しい空気がぽよぽよ〜っと漂ってきました。

 

 

「これなぁに〜?」

「なんでお魚焼いてるの〜?」と、興味津々。

 

 

「おいしそう〜!」

「いい匂い〜!」

 

鼻をクンクン。

よだれが出ている子もいます。

 

「この匂いがね、オニさんは嫌いなんだって〜」と話をすると

「なんで〜?」と不思議そうな食いしん坊さんたち。

 

 

いわしが焼けたら、ひいらぎの枝にいわしの頭を刺して、玄関に飾りました。

 

 

「あ〜ぁ。オニさん来れなくなっちゃったね・・・」と寂しそうな子もいました。

 

 

めーぷる保育園には、怖い鬼は登場しませんでしたが

 

・節分の絵本、うた

・新聞紙豆まき

・泥んこ豆まき

・鬼の製作

・ひいらぎいわし作り

・節分らしい給食メニューなど

 

子ども達は、五感を通して「節分」を楽しんでいたように思います。

 

 

 

今年も、みんなが健康で幸せに過ごせますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

そら組
2021.01.27

焼きいも描いちゃおっ!

先日の【焼きいもパワー】が、まだまだ冷めないそら組たんけん隊。

 

連絡帳にも「お家で、焼きいものお話をたくさん聞かせてくれました」と書いてありました。

 

楽しかった思い出を目に見える形で残しておきたい!と思い、みんなが大好きな【絵の具】を使って表現してみようかなぁ〜と、(子ども達には何も言わず)絵の具を棚の上に準備していると…

 

「きょう えのぐするの〜?!」

「あおがいい〜!」と、早速絵の具を見つけて大興奮のみんな。

 

ぎゅぎゅっと腕まくりをして、新しい梅鉢パレットの紹介をしたら、焼きいも絵の具スタートです!

 

 

自分の焼きいもの写真を画用紙にのり貼りして、周りに絵の具をちりばめます。

 

「お母さんも食べたいって言ってたから、お母さん描こう〜」

「おいも たくさん 描いちゃお〜」

「おてて ぺったんしよう〜」

 

 

 

 

 

色の混ざりを手と手をくっつけて研究したり、どんな模様を描こうかじっくり悩んだり。

気づいたら手が絵の具だらけになっていました!!

 

片付けで、手を洗う時も「きゃ〜!きいろいお水が出てきたよ!」とみんなで大笑い!

 

「また焼きいも食べたいね〜」と子ども同士で会話をしながら、色とりどりの作品ができました。

 

 

 

 

そら組
2021.01.26

焼きいも食べに行こっ!

「一緒に焼きいもしよう〜!」

 

 

もあな保育園(系列園)のくるみ組さんから、美味しそうなお誘いが…♡

 

「え〜っ♡焼きいもぉ〜?!」

「行きたーいっ!」

「どこでするの〜っ?!」

 

食いしん坊のそら組たんけん隊は、即答です。

 

「畑でするんだよ〜」と伝えると

 

「え〜畑ってどこだっけぇ?」

「行ったことないよぉ」ちょっと困り顔のみんな。

 

そんな中、何人かが「わたし畑の行き方知ってる!」と。

焼きいもの日まで、一週間あったので、みんなで畑までの道を探検しに行きました。

 

どの道が楽しいかなぁ?近道はどこかなぁ?曲がるときの目印は、あの看板にしよう!

 

そして、焼きいも当日!

楽しみでたまらなくて、予定よりも10分早く出発しました。

寄り道もほどほどに「焼きいも♪焼きいも♪」と言いながら畑に着きました。

 

 

「いい匂い〜!」

「はやく食べたい〜!」と早速焼きいもの前に集まります。

 

「もう少し待っててね〜」と言われ、それぞれ畑の中を探検です。

 

 

 

 

 

 

「焼けたよ〜!」の声で、ぎゅぎゅっと集まるそら組たんけん隊。

 

「あっちっち〜!」と言いながら、みんなで分け合って食べました。

 

 

 

 

 

あま〜い!

かわがおいしい〜!

もっとちょ〜だい!

 

子ども達もスタッフも夢中で食べました。

たくさん食べた後は、畑でのんびり過ごしました。

 

くるみ組のお友だちの木登りを見て、真似してみたり

 

 

一緒に泥遊びをしたり

 

 

お話しをしたり。

 

 

最後は、帰り道が泥だらけにならないように、靴の泥を取りました。

泥だらけの靴が、今日の楽しさを物語っているようでした。

 

 

くるみ組のお友達だち、畑のみなさん、ありがとうございました!

 

そら組
2021.01.18

レモネードパワー

新年が明け、はやくも半月が経ちました。

 

 

 

地面には霜柱ができ、池には氷が張り。

 

寒さが身に染みますね。

 

 

一方では梅の花が芽吹いており、なんだかわくわくします。

 

 

 

さて、めーぷる保育園の玄関先にも嬉しい実りが。

 

 

レモンです。

 

芽が出て、膨らんで、実がなり、色付き、成長の過程を子どもたちが見守ってきたレモンに、実がなりました。

 

 

むむっ!?木の根元に、何か発見。

 

「レモネードのつくりかた」、、

 

レモネードってなに!?楽しそう!やってみよう!

 

ここからの子どもたちは、速いです。

 

 

レシピに書いてあった材料を確認し、給食室にお願いをしに走ります。

 

「砂糖、包丁、まな板をください」

 

準備をしておいてもらうことを約束し、急いで給食を食べます。

 

 

片付けが終わり、いざ調理。

 

レシピを見ながら、材料や手順を確認します。真剣なまなざしです。

 

 

本物に触れることも貴重な経験。

 

手を切らないように気をつけながら、レモンを切っていきます。

 

 

切ったレモンをコンテナに移し、砂糖をいれていきます。

 

 

レモンの香りにみんなの目がますます輝き、自然と巻き起こる「おいしくなぁれ」コール。

 

 

蓋をしっかり閉めて、今日はここでおしまい。

 

コンテナを振ったり、眺めたり、嗅いだり、待ちきれない様子の子どもたちです。

 

 

 

2日後。

 

連日の観察の甲斐があり、砂糖が溶けてきたことに気付きました。

 

今日飲めそうだね、と朝の会で話していると、子どもたちのテンションは最高潮に。

 

「レモネードパワーで、出発だ!」

 

と、子どもたちが決めた目的地は片道1km以上ある遊び場。

 

行けるところまで行ってみようか〜とのんびりなスタッフをよそに、

 

走りながら、探検しながら、他クラスの友だちに会いながら、どんどん進んでいく子どもたち。

 

 

 

なんと本当に着きました。

 

遊ぶ時間もたっぷりあって、落ち葉やドングリ遊び、斜面上り等楽しむ子どもたち。

 

恐るべしレモネードパワー、大人はびっくりです。

 

帰り道も「レモネード♪レモネード♪」と足取り軽く、あっという間に着きました。

 

さぁ、お待ちかねのレモネードタイム。

 

 

シロップとお湯をコップに注いで、いただきます。

 

「おいし〜い」「あま〜い」「甘酸っぱい」「冬にぴったりだね」「あんまり好きじゃなかった、、」

 

ゆっくり少しずつ飲んだり、あっという間になくなったり、一口だけ挑戦してみたり。

 

それぞれの感覚、思いで味わっていました。

 

 

 

日頃から、

 

朝の会ではやりたいことや行きたい場所を出し合って今日の計画を話し合ったり、

 

公園にある地図を見て現在地や目的地を確認してみたり、

 

探検と称して話し合いながらルート決めや新しい道探索をしたり、という姿があるもり組。

 

実は木の下にレシピを仕掛けたのはもり組のスタッフなのですが、

 

楽しそうな種まきをして、あとは子どもたちの「やってみたい!」の力に任せてみると、

 

ここまで膨らませることができました。

 

 

 

レモンが実ってから、レモネードを作って飲むまでのこの時間、

 

全身で「食べ物を味わう」ということを体感できたように感じます。

 

今の子どもたち、今の自然と一緒に過ごす毎日が、楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もり組
2021.01.04

あけましておめでとうございます!!

2021年!

 

あけましておめでとうございます♪♪♪

 

本年も、どうぞよろしくお願い致します!!

 

さて、めーぷる保育園では新年初日

 

早速、元気いっぱいの声と共に

 

パ―――っと明るい、にっこにこ笑顔のお友だちが登園してきてくれました!!

 

年末年始、お家でゆっくり過ごしたり、おじいちゃんおばあちゃんのお家に行って

 

楽しく過ごしたんだな〜と、話を聞くのが楽しみでした♪

 

公園に遊びに行くのを、嫌がるかな?な〜んて心配はなんのその。

 

早く行きたくて、大人が手を引っ張られるくらいでした☆

 

落ちていたソテツの葉っぱを両手に持って、鳥の羽根のように勢いよく『パタパタパタ〜!!』

 

『私、飛べるよ!!』

 

『ほらね♪見てみて♪♪♪』

びよよ〜ん!とジャンプしているKちゃんを見て

 

『やる〜!』と、大空を飛ぶ鳥のようにみんなが飛び始めました!

 

大人だって負けていません!

 

ええええい!!と渾身の一飛び!!

それを見て、またみんなが飛びまわっていました♪

 

 

あ!木の上に、鳥の巣を発見!!

 

『鳥さん〜?いるかな〜??』

ちょうど、鳥さんになりきっていたところです。

 

木の上のお家まで、飛んでいけるかな〜?

 

でもやっぱり、いつものお家がいいよね♪

 

さぁ♪

 

これからまた、冬ならではの遊びも見つけて

 

いっぱい楽しもうね〜〜〜♪♪♪

ひだまり・にじ組
2020.12.09

秋の音楽隊に出会う♪

カサカサ〜♪

 

落ち葉のメロディーと共に

 

なんだか楽しい歌声が・・・!

歌は、もりぐみさんのお友だちと、スタッフでした♪

 

スタッフのウクレレに合わせて、子どもたちも手作り楽器を演奏!

 

手慣れた手つきで、ジャンジャン弾きながら歌っています♪

 

おやおや、なんだなんだ??と

 

池のカモ親子を見ていた、ひだまり組のお友だちも楽しそうな音楽に誘われて観にきましたよ〜!

 

ジングルベル・虹・パプリカなどリクエストがどんどん出て来て盛り上がり

 

楽しくなってテンションはMAXに!

 

『私、踊る〜♪』

 

わたしも!わたしも!と増えていく♪

 

歌に合わせて体を揺らして、満面の笑みのひだまりくみさんたち。

 

終わった時には、パチパチパチ〜♪と拍手喝采でした☆

 

そばで聞いていた、トンボさんも『楽しかったよ〜♪』と飛んできて

 

帽子にとまってご挨拶にきてくれました♪

 

お兄さん、お姉さんたちの楽しい姿に

 

きっとこの子たちも、わくわく楽しいことをやりた〜い!!が溢れてくることでしょう〜♪

 

こんなに楽しい演奏会の後には、自然の中に溶け込んで満喫☆

 

落ち葉のプールに、ザブ〜ン♪

 

一人遊びから、お友だちへも興味がでてきて

 

お友だち同士の関わりも、見られるようになっています!

 

個人から他者へ。世界が広がっていくのを感じます☆

 

枝が葉っぱや、木、石とぶつかると音が出ることを自然遊びの中で知りました♪

おや?と思ったら、真剣な顔で確かめるように何度もやってみて

 

納得?すると、にこ〜っと『おもしろいこと見つけた✨』と笑顔になる瞬間に

 

何度も立ち会えたことは、保育士としてとっても幸せを感じる瞬間の一つなんです♪

 

時には、たくさんの落ち葉をぱ〜っとやろうとして

 

『ありゃりゃ💦』

自分が葉っぱにまみれてる・・・♪ おちゃめな姿に笑いもいっぱい響いていますよ〜☆

ひだまり組
2020.12.09

山のぼり

朝晩、寒くなってきたな・・・と思ったら

 

あっという間の師走!!早い!!

 

日中は、おひさまが出ていると着ていた上着を脱ぎたいくらい暑くなることも☀

 

普段の活動、戸外遊びではいくつかのフィールドを拠点としています。

 

初めていく場所に、わくわくする日もあるけれど

 

何度も行ったことのある場所は

 

その場所ならではの、少しずつ遊びが発展していく様子がおもしろい☆

 

3回目となる山へ行った日のこと。

 

こっちの道に行くと、山がある♪と知っている子どもたちが

 

『こっち行く〜♪』と、長〜い階段を登り始めました。

 

公園で遊ぶ予定は、子どもたちのその日の興味でどんどん変更していこう!!

 

この階段も、最初来た日はなかなか登るのに一苦労!

 

だけど、この日はスタッフが追いかけるほどに

 

勢いよく登っていく子たちも!!

 

どうやって登っていいのか・・・と、考えながらゆっくり登った1回目がウソのように

 

登るって楽しい〜♪♪♪と、何度も何度も登ったり下りたりを繰り返す子どもたちが出現!!

身体の使い方を、日々の遊びで身につけているのと同時に

 

確実に体力、筋力、考える力もついていることを実感。

 

そして、何よりも『やりたい!』という子どもたちのキラキラ光る気持ちが原動力となって動くことの大切さを確信☆

 

本当にすごいな〜♡

 

だって、1歳児ですよ。

 

誕生日が来て2歳になっている子もいるけれど

 

楽しいからやる!というパワーにこちらが圧倒されるほど!

 

大人が想像するよりも、子どもたちの秘めている能力は計り知れない!と確信へ。

 

頂上を目指して。

うまくいい写真がなかったけれど、登るまでにはドラマチックなことも♡

 

登れないよ〜と、立ち止まってしまったS君に

 

その様子をじっと見ていたN君が駆け寄って

 

そっと手を繋いであげる場面も!

 

そして頂上から子どもたちが『S君がんばれ!!』コール!

 

無事に、S君、N君が登りきると拍手喝采♪♪♪

 

何気ない遊びの中に、ドラマティックなことがあふれています。

 

あ!お花だ〜✨

 

じ〜っと眺めた後、プチっと採ってにこ〜っと笑顔に♡

 

大事そう♡

 

頂上は気持ちいい〜♪

 

雲一つない快晴!空気も澄んでいて、白い帽子をかぶった富士山が見えました〜!!

 

前回は、もくもく曇っていて全く見えませんでした。↓↓↓

それでもその日は、登り切った喜びでいっぱい!

 

こんな風に、お茶の時間がほっこりタイム♪

 

話は戻して・・・

 

山を下る時には、階段で慎重に降りる子

 

傾斜を滑り台にして、すいすいいく子。

 

お友だちがやっているのを見て、マネする子。

 

何をするにもタイプは様々。

 

さっ♪この先は何があるのかな〜♪

 

早く先に行きたいチームと

 

焦らずゆっくり行きたいチームで分かれて進みました!

初めて行く道です。

 

わくわく、ドキドキ・・・しているのか、ちょっと先を覗くように歩いてる♪

 

手をしっかり繋いで、目に見えるものに興味をそそられながら

 

自分の興味で、じっと見る姿

 

二人の興味が一緒になった時の、意気投合する雰囲気

 

『あれ!』と、見つけたものをお友だちに、お知らせしたり。

 

お散歩道は続いていきます♪

 

『これなんだ〜?』

しばらくの間、ぺしぺし叩いてみたり

 

テープの境目を触ったり、周りをぐるぐる歩いてみたり、コーンの頭の部分を撫で合って

 

キャッキャと笑い合う声が、森に響きました。

 

実がなっている枝を見せると、じっと見て大事に持って歩き始める二人。

 

Aちゃんが、座って葉っぱを地面にシャカシャカシャカ〜🍂とすると、S君も一緒にシャカシャカシャカ〜🍂

 

歩いては座り、歩いては座り〜を繰り返して、最後には二人で声を出して大笑いになりました♪

 

おひさまも、お空から見て笑っているみたい☀

 

ちょっと険しそうに見える、笹やぶを通るのも

 

子ども達には、ワクワクドキドキな場所に!

これだけの距離を、歩けたことにもビックリ!!

 

大満足で、笑いながら保育園まで帰ってきました♪

 

この日の給食は、いつも以上にもりもり食べてぐっすり眠りましたよ〜♡

 

にじ組
2020.10.28

2021年度 入園説明会開催のお知らせ

2021年度のめーぷる保育園(認可保育所)の入園説明会を開催いたします。

施設もご見学いただけます。

 

日時:2020年10月30日(金) 10:15〜 1時間程度

   ※定員に達したため、受付を締め切ります。

 

場所:めーぷる保育園(横浜市都筑区北山田2-2-29)

   横浜市営地下鉄グリーンライン 北山田駅 出口1より徒歩3分程度

 

※2016年4月2日以降がお誕生日のお子様が対象です。

※5歳児クラスの募集は行いません。

 

説明会にはお申し込みが必要です。

メールにて以下をお知らせください。

宛先:info@moanakids.org

件名:めーぷる保育園入園説明会

1.お子様のお名前(ふりがな)

2.お子様の生年月日(西暦)

3.お電話番号

 

※説明をじっくり聞いていただきたいため、お子様連れでのご参加は極力ご遠慮ください。

※駐車場・駐輪場はございません。

 

めーぷる保育園の日頃の様子は、ブログをご覧ください。

https://www.maplecoco.com/blog.html

 

もあなキッズ自然楽校では、同保育方針で以下の施設も運営しております。
●横浜保育室 もあな保育園(0〜2歳児)
●認可外保育施設 森のようちえん めーぷるキッズ(3〜5歳児)

ご家庭と施設との直接契約となります。

説明会のご案内はもあなキッズ自然楽校HPにてご確認下さい。

 

【問い合わせ先】

運営法人:もあなキッズ自然楽校 事務局 (平日9:00〜18:00)

TEL:045-342-8389

mail:info@moanakids.org

イベント
2020.10.09

キラリと光る!!

暑い夏には、水遊びで毎日大はしゃぎでした!

 

10月に入り、秋らしさが急に増してきて

 

セミからバッタやトンボへと興味が移って来たようです。

 

季節が変わると、いつもの散歩道もいつもの公園も

 

何かが変わっているみたい♪

 

子どもたちは、敏感に察知していますよ〜!!

 

あれ?木に何かある!?木から出てきたのかなあ???

真剣なまなざし!!

 

触ってみたら、かたい所と柔らかいところがあって

 

ちょっとべたべたしてる・・・

 

この後、しばらくべたべたした自分の指をじっと見たり、木を見たり。

 

あ!ぱらぱら雨が降ってきた!!

 

いち早く察知した、アイデアウーマンのKちゃん。

 

慌てて、たくさん葛の葉っぱを取りはじめ

 

 

何度も行ったり来たりしながら

 

お友だちや、スタッフの分まで集めて

 

『はい。雨だよ。傘さしてね♪』と、配って歩いていました♪

 

『濡れてもいいの♪』と、受け取らなかったEちゃん。

 

でも、Eちゃんが濡れちゃううことを心配しているKちゃんは

 

横をずっと歩きながら『Eちゃん、濡れちゃうよ。傘さしてね』と声を掛けていました♡

 

時には、こんな姿も!

 

グラウンドに遊びに行ったときの一時。

 

目印の為についている、ふさふさを発見したSくんとAちゃん。

 

顔を見合わせてふさふさに近づいてきた二人。

特に会話はないけれど、指を指したりじっと見たり。

 

特に会話はないけれど、『これ、なんだろうね?』と思っているのかな?

 

Sくんが足で”ちょん”と触ってみると

 

Aちゃんも、手で”ちょん”。

 

二人で、顔を見合わせて笑い合っていました。

 

 

子どもたちの、すてきな世界が毎日たくさん

 

キラキラ光りながら、広がっています✨✨✨

 

にじ組
2020.10.08

秋の香り〜♪

夏のむわっとした暑さから

 

涼やかな風と共に

 

あっという間に季節は流れて

 

街には秋の香りがしてきました。

 

いつものお散歩道や、公園には

 

たくさんのどんぐりや、色付き始めた葉っぱたちで

 

カラフルに彩られ始めました♪♪♪

 

今まで、ハイハイやつかまり立ちで手の届く範囲で楽しんでいた

 

ひだまり組のお友だちも、歩き始め

 

自分で、興味の赴くままに探索して楽しむようになっています☆

 

これは何?これは硬い!これは軽い!ガサガサしてる!!カシャカシャ音がするぞ!?

自然の中にある植物や石は、興味と遊びが尽きません♪

 

葉っぱのお皿に、おいしそうなどんぐり。

 

いっただきま〜す!!・・・という遊びも、これは食べられないと学んで、ぱくぱく食べるマネも上手♪

 

こ〜んなデコボコ坂道だって、へっちゃら♪

二刀流だぞ〜!!

 

木漏れ日と、そよそよ吹く風が気持ち良すぎて・・・夢の中へ・・・

気持ち良いだろうな〜♡

 

いろんな音。いろんな風。感触や目に入るものもたくさん!五感が刺激されて、わくわくが止まりません♪

 

この笑顔!!

 

冒険したい!やってみたい!!を、存分にどうぞ♪♪♪

 

ううう〜!!登りたいよう〜!!!

遊びの中で自然と、身体の使い方を考えながらバランスを取っていく姿。

 

人に本来備わっている本能を、呼び起こしているの・・・かな♪

 

 

ひだまり組
2020.08.19

そら組たんけん隊 〜kくんの帽子を救え!〜

その事件は、突然起きた。

 

そら組たんけん隊Kくんの帽子が

橋の下にポトン…と静かに落ちてしまったのだ。

 

DSCN4585.JPG

 

落ちたのは、新しく消防車アップリケを付けてもらった世界に1つの大好きな帽子。

 

「とれない…どうしよう…」

眉をひそめ、じっと、帽子を見つめるKくんのもとに救世主が現れる。

 

DSCN4588.JPG

 

「ぼくに任せて!」「あたしも!」

そう言ってどこかへ走っていくSくんとHちゃん。

 

その後ろ姿を不安そうな表情で見つめる、そら組たんけん隊。

 

 

息を切らして戻ってきた2人の手には1メートルくらいの木の枝が握られていた。

 

「これで帽子をお魚釣りするの!」

 

「あ!帽子のここ(ゴム)を取ったらいい!」

 

 

Kくんの帽子を救出しようと、隊員同士ひらめきを出し合う。

 

DSCN4593.JPG

 

「がんばれー!」と声を大にして応援する隊員。

 

息をひそめ、緊張した表情で見守る隊員。

 

拾ってきたヤマモモを食べながら、チラチラと現場を確認している隊員。

 

DSCN4603.JPG

 

1人ではきっと立ち向かえない事件に、そら組たんけん隊みんなで立ち向かっていた。

 

5分…いや20分くらい経っただろうか。

 

Hちゃんが持っていた枝の先が、見事、帽子のゴムに引っ掛かった。

 

DSCN4629.JPG

 

RSCN6106.JPG

 

救出した帽子を、無言でKくんに手渡すHちゃん。

 

 

静かな時間が隊員たちを包み込んでいた。

 

 

ずっとずっと眉をひそめて見ていた、Kくんの顔がふわっと力が抜けた。

 

 

「取れたよ」「ありがとう」「すごいね」

 

そんなセリフはここでは必要ない。

 

隊員みんなが同じ気持ちをぎゅっと抱きしめているから。

 

DSCN4640.JPG

 

大人が手を貸せば、一瞬で解決すること。

 

でも、その日は、誰も大人に助けを求めようとはしなかった。

 

きっと、子どもの世界に大人はいなかった。

 

 

 

大人は、子どもの力を信じて見守った、のではない。

 

子どもの力を見せつけられたのだ。

そら組
2020.08.12

夏がきた!

梅雨が明けて暑さも本格化しました。

 

真夏日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

もり組の子ども達は暑さに負けず、毎日いろいろな発見や遊びを楽しんでいます。

 

最近のブームといえば、虫とり。

 

DSCN2168.JPG

 

毎日虫とり網とかごを持って出掛けては、セミやトンボなどの虫を探して走り回っています。

 

「○○がいたよー!」「こっちに来て!」と自然とチームワークが生まれ、協力しながら見つけたり捕まえたりを楽しんでいます。

 

捕まえた虫を観察したり、友だちに見せてあげたり、図鑑で調べてみたり。

 

DSCN2145.JPG

 

 

かまぼこ積み木やブロックで虫を作る子もいました!(上はカブトムシ2匹、下はトンボです)

 

最初は数人から始まった虫とりがクラスに広がり、友達関係や製作に広がり、、

 

子ども達の「やりたい!」「好き!」のパワーにはいつも驚かされます。

 

 

 

公園のせせらぎが一層心地よく感じるのも、この時期ならでは。

 

DSCN5684.JPG

 

 

ままごとセットを持ちだして遊んだり、石の間を飛んだり渡ったり、水遊びをしたり。

 

それぞれ好きな過ごし方を見つけて、「お水、気持ちいいね〜」とゆったり過ごします。

 

8月中はプール遊びもしていますが、こうやって自然の中で感じる水はまた格別なようです。

 

 

 

 

 

木陰を求めて、獣道探検も!

 

気の向くままに斜面を上りながら上を目指します。

 

 

「○○ちゃん、のぼれるも〜ん!」と自信たっぷりにずんずん進んだり、

 

困っている子に手を差し伸べて一緒に上ったり、

 

心も体も成長を感じます。

 

上りきって感じたそよ風は、とっても気持ちがよかったです♪

 

 

 

 

 

まだまだ暑い日は続きますが、

 

特に暑い昼の時間帯を避ける為の早めの出発や帰園、暑さを避けられる木陰や川沿いでの拠点設定、

 

朝の味噌汁での塩分補給や日中の昆布やいりこでのミネラル補給、こまめな水分補給、

 

など、熱中症対策に気をつけながらも夏らしさを楽しめるように過ごしていきたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

もり組
2020.07.21

海へ冒険!

待ちに待った海遠足!

 

海に行くこと、いろいろな生物に会えること、バスに乗ること、初めて海に行く子もいるなかで色々な楽しみを膨らませてきたもり組さん。

 

梅雨真っ只中ですが天候にも恵まれ、めーぷるキッズのらっこ組さんと一緒に出発です。

 

 

DSCN0227.JPG

 

「海が見えたー!」

 

やっと見えてきた念願の海に歓声があがりました。

 

砂の感触を味わいながら遊ぶポイントまで移動。

 

 

DSCN0233.JPG

 

荷物をおいて、まずは磯遊び。

 

はやる気持ちをおさえながら、滑らないよう気をつけて磯に移動しました。

 

 

DSCN0241.JPG

 

DSCN0238.JPG

 

石や岩がたくさん!間をよーく観察すると、生き物が隠れていました。

 

カニ、ヤドカリ、ナマコ、小魚などなど。

 

網や手を駆使しながら、友だちとも協力しながら、なんとか捕まえようと奔走するみんな。

 

「見つけたよ!」「こっちにもいたよ!」の声が続々と上がりました。

 

 

DSCN0244.JPG

 

カニ集めのコツもつかみ、たくさん集めました!

 

「みてみて〜こんなにいたよ!」

 

DSCN0251.JPG

 

たっぷり磯で遊んだあとは、お待ちかねのお昼ごはん。

 

おうちの方が作ってくれたおむすびの味自慢をしながら、あっという間に食べきりました。

 

海風を感じながら友だちと食べるごはんはまた格別。

 

午後からのためのパワーチャージ、完了です!

 

ライフジャケットを着て、いざ海へ。

 

DSCN0254.JPG

 

DSCN0285.JPG

 

波打ち際で波がせまってきたぞ!キャー!

 

水をかけ合いっこだ!バシャバシャ!

 

腕をしっかりつかってワニさん歩きだぞ!ガオ―!

 

体の力を抜いてらっこ浮かびだ!フワフワ〜

 

色々な遊び方を見つけながらそれぞれゆったりと遊びます。

 

DSCN0288.JPG

 

カヌーにも挑戦。

 

海風に癒されながら、「楽しかったー!」と笑顔いっぱいです。

 

 

砂浜での砂遊びも楽しみのひとつ。

 

お城や道などどんどんスケールが大きくなっていき、最後は海へ繋がって。

 

最初は海に入りたがらなかった子たちも、いつの間にか海の中に入っていて夢中で遊んでいました。

 

IMG_20200721_161259.jpg

 

帰りのバスの中ではみんな夢の中。

 

体の疲れも楽しさで乗り切り、1日めいっぱい遊びました。

 

次はどこへ行こうかなぁ。次の冒険が楽しみです♪

 

もり組
2020.07.07

自然食バイキング〜ヤマモモの誘惑〜

こんにちは!

 

梅雨真っ只中ですね。

 

九州地方では、大雨による河川の氾濫や土砂災害などが起きていますが、ご無事でしょうか。

自然の怖さを改めて実感しています。

どうか、九州のみなさんが一日でも早く元の生活ができますように。

 

そら組では、毎日のように自然食バイキングが開催されています。

 

最近のそら組の「おとも」は・・・

 

DSCN3612.JPG

 

赤い服を着た、まんまる果実♡「ヤマモモ」です!

6〜7月が旬だそうで、そら組の子ども達もすっかりトリコ

 

DSCN4321.JPG

 

「おいしいの取って〜!」と手を伸ばす子ども達。

赤い実よりも、むらさき色の実の方が甘い!ということを子ども達は日々の経験から学んでいます。

 

DSCN3622.JPG

 

スタッフも手が届かない高いところにある実は、長い棒をみんなで探して、枝を揺らして落とします。

「がんばれー!」と声援を送る、そら組のみんな。

 

DSCN4326.JPG

 

「シートの上に落ちてるのを食べてね〜」「美味しくなかったらペッてしてね〜」

 

ボトボトボトッ!と、頭の上にヤマモモが当たっても、なんのその!!

子ども達は、美味しいヤマモモを手に入れるために真剣です。

 

DSCN4011.JPG

 

色染めしたいなぁ、ジャム作りもしたいなぁ、と思うのですが・・・

毎回全部食べ切ってしまう、そら組です。

 

明日は、もっともっと美味しいヤマモモに出会えますように♡

 

 

 

そら組
2020.07.03

やまももで染めました♪

こんにちは♪

 

あっという間に7月に入って

 

蝉の声が聞こえてくるのも、もう少しかな〜。

 

大きいクラスからは、カブトムシを捕まえる話が聞こえてきています!

 

この時期、いつものお散歩道や公園には

 

‘’やまもも‘’が、旬を迎えています。

 

木の周りは、落ちてしまったやまももで真っ赤!

DSCN0349.JPG

触ったり、踏んだりすると手に赤い汁がつくのを見て

 

すごく嬉しそうに喜んでいる姿を見て

 

こけもも染めをすることにしました♪♪♪

 

タライにやまもも集めよう〜!と声を掛けると

 

嬉しそうに、どんどん集まってきた〜!

 

覗き込んでは、なにやらひそひそと話してかき混ぜたり別の遊びが始まりました!

 

『これ、わたしがやるの!!』と、身体くらいある大きなタライを持って運んでいく姿も。

DSCN0350.JPG

 

お水を少し入れて、手でギュッギュッ!!ぐちゃぐちゃ!!

 

手の感触、手がやまももの汁で赤くなるのをジッと手を見ては

 

また、ギュッギュッ!!

DSCN0355.JPG

 

それだけでも、歓喜の声があがります♪

 

『うわぁ〜!!』

 

真っ白な長〜いさらしを投入!!

 

小さな手でまた、もみもみしていくと

 

やまももから出た、赤い汁でじわわ〜っとさらしが染まっていく様子に

 

しばらく眺めて、また満面の笑みでもみもみ!

 

そして、きれいなやまもも色になったさらしを見て

 

おめめがキラキラに✨

DSCN0357.JPG

 

うれしい♪楽しい♪体験に

 

帰り道は、ルンルンなにじ組さんでしたよ〜♪

にじ組
2020.07.01

2021年度 入園説明会開催のお知らせ

2021年度のめーぷる保育園(認可保育所)の入園説明会を開催いたします。

施設もご見学いただけます。

 

日時:2020年9月5日(土) 10:00〜11:00

10:00〜の回が定員に達したため、

以降にお申し込みの方は14:30〜15:30の回となります。

 

場所:めーぷる保育園(横浜市都筑区北山田2-2-29)

   横浜市営地下鉄グリーンライン 北山田駅より徒歩3分程度

 

※2016年4月2日以降がお誕生日のお子様が対象です。

※5歳児クラスの募集は行いません。
※2021年度 2歳児・4歳児クラスは入園枠がございません。(2020年7月1日時点)
 今後の状況により、空きが出る可能性はあります。
 ご了承いただいたうえで説明会へのお申し込みをお願いいたします。

 

説明会にはお申し込みが必要です。

メールにて以下をお知らせください。

宛先:info@moanakids.org

件名:めーぷる保育園入園説明会

?お子様のお名前(ふりがな)

?お子様の生年月日(西暦)

?お電話番号

 

※説明をじっくり聞いていただきたいため、お子様連れでのご参加は極力ご遠慮ください。

 

めーぷる保育園の日頃の様子は、ブログをご覧ください。

https://www.maplecoco.com/blog.html

 

もあなキッズ自然楽校では、同保育方針で以下の施設も運営しております。
●横浜保育室 もあな保育園(0〜2歳児)
●認可外保育施設 森のようちえん めーぷるキッズ(3〜5歳児)

ご家庭と施設との直接契約となります。
2020年9月12日に説明会を行います。

説明会詳細はもあなキッズ自然楽校HPにてご確認下さい。

 

【問い合わせ先】

運営法人:もあなキッズ自然楽校 事務局

TEL:045-342-8389

mail:info@moanakids.org

イベント
2020.06.30

雨の音に誘われて

こんにちは☀

 

蒸し暑い日が続きますね。

 

でも、めーぷる保育園の子どもたちは室内でも戸外でも

 

元気いっぱいです!!

 

この間、朝から雨が降った日には0歳のお友だちはゆったり室内遊び。

 

登園し始めたばかりのお友だちも多いので

 

こんな風に過ごす時間は、環境やスタッフに慣れていく大切な時間。

 

そして、空から降ってくる雨粒に目を輝かせて眺めていた1歳の男の子に

 

『お外に行く?』と聞くと

 

満面の笑みで『うん!!』と即答!!

 

保育園の敷地内で、カッパを着て雨の中を走り回りました!

次々と『僕も!私も!!』と外に出始めて賑やかになりました♪

タライを置いて、雨水がたまっていくのを楽しみにしていたけれど…残念!

 

みんなの笑い声に、雨がやんでしまいました。

 

雲の上から、おひさまも笑っていたのでしょうね♪

 

ここには、とくに遊具はないけれど

 

子どもたちの世界が、遊びの中でどんどん広がって

 

1歳でもこんなに遊びが発展していくんだなぁ♪

 

赤くなっている苺に心奪われてジッと真剣な顔で見つめて

そこから動かないお友だちも。(笑)

 

パクッと食べて『おいしいね♪』とにこにこ笑顔♪

 

また、雨が降る日が待ち遠しいにじ組です。

ひだまり・にじ組
2020.06.30

梅雨の楽しみ

梅雨入りし、じめじめとした日々が続いています。

 

ですが、もり組の子どもたちは元気いっぱい!

 

雨がたくさん降る今の時期ならではの楽しみを日々見つけていますよ。

 

DSCN0100.JPG

 

 

みんなのお気に入りスポット、水たまり!

 

走ってしぶきを飛ばしたり、水の掛け合いをしたり、、

 

DSCN0160.JPG

 

「プールみたい!」と浸かりながら、自分達の靴も使って水遊びをしたり、、

 

DSCN0179.JPG

 

泥団子づくりから、お店ごっこに発展したり。

 

水の色や温度、泥の質感や様子、いろいろな気づきが遊びに繋がっているようです。

 

 

アジサイも綺麗に咲いています。

 

家族の顔を思い浮かべながら、おみやげをつくって帰る子も。

 

DSCN0171.JPG

 

雨宿りしながらのまったりした時間も、またいいですね。

 

 

 

はじめは雨の日の散歩を嫌がっていた子もいましたが、友だちに刺激されたり自分なりの楽しみを見つけながら、

 

今では「まだ帰りたくない!」と今では夢中で遊んでいます。

 

 

 

びしょ濡れ、泥だらけになりながら、雨の日を楽しむ子どもたち。

 

次回も楽しみです♪

 

 

もり組